読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Makery Blog

西麻布のクリエイティブラボ「Makery」でテクノロジーとアイデアをこねています。

『チームラボ 踊る!アート展と、学ぶ!未来の遊園地』

先日、ずっと行きたかった『チームラボ 踊る!アート展と、学ぶ!未来の遊園地』にようやく行けました。
混んでいる噂は事前に聞いていましたが、正午過ぎに着くと90分待ち。
こういったデジタル作品の展示でここまで動員できるのは純粋にすごいなと思いました。
客層も周りを見渡すと親子連ればかり。
デジタル作品が好き!という人だけではなく、純粋に遊びに来た人が多いところが印象的でした。
はじめデジタル作品って少しリテラシーが必要な印象でしたが、
説明もいらないシンプルな操作で、触っていくとだんだん「あ、こういうことか」という気づきがもらえて
意味がわかってくる直観的な作品が多かったように思います。
触って楽しい、気持ちいいという、ちょっと昔のFlash時代の興奮を感じました。
一番印象に残っているのは子供たちが楽しんで遊んでいるところ。
文字を触るとアニメーションする作品は子供はずっと触っていたり、
インタラクティブな積み木の作品は延々とつなぎ変えたり。
こういった人が楽しめる体験を作れるのはアナログもデジタルも関係なく
人の気持ちが動くポイントをしっかりと作っているからだと思いました。
生の反応が見れるのはインスタレーションならではかと思いますが
作ったものの先に人がいることを忘れずに
日頃の業務でも人の気持ちが動くというところを意識して制作していきたいなと思いました。
先日、ずっと行きたかった『チームラボ 踊る!アート展と、学ぶ!未来の遊園地』にようやく行けました。
混んでいる噂は事前に聞いていましたが、正午過ぎに着くと90分待ち。
こういったデジタル作品の展示でここまで動員できるのは純粋にすごいなと思いました。
客層も周りを見渡すと親子連ればかり。
デジタル作品が好き!という人だけではなく、純粋に遊びに来た人が多いところが印象的でした。

はじめデジタル作品って少しリテラシーが必要な印象でしたが、

説明もいらないシンプルな操作で、触っていくとだんだん「あ、こういうことか」という気づきがもらえて意味がわかってくる直観的な作品が多かったように思います。

触って楽しい、気持ちいいという、ちょっと昔のFlash時代の興奮を感じました。
一番印象に残っているのは子供たちが楽しんで遊んでいるところ。
文字を触るとアニメーションする作品は子供はずっと触っていたり、
インタラクティブな積み木の作品は延々とつなぎ変えたり。

こういった人が楽しめる体験を作れるのはアナログもデジタルも関係なく
人の気持ちが動くポイントをしっかりと作っているからだと思いました。

生の反応が見れるのはインスタレーションならではかと思いますが
作ったものの先に人がいることを忘れずに
日頃の業務でも人の気持ちが動くというところを意識して制作していきたいなと思いました。

Dir : Kodai Tanaka