Makery Blog

西麻布のクリエイティブラボ「Makery」でテクノロジーとアイデアをこねています。

DMM.makeの3Dプリントサービスを試してみた

IMG_20150128_184304.jpgDMM.make AKIBAが気になってますが、とりあえず3Dプリントサービスのほうを試してみました。

http://make.dmm.com/

弊社にもMakerBot Replicator 2Xという3Dプリンタがあり、研究等で使用していますが
プリント中に剥がれてしまう、ということが多くて使いにくい状況でした。
(最近解決した!)
そういう状況もあったので一度試しておこうかなと。

弊社にもMakerBot Replicator 2Xという3Dプリンタがあり、研究等で使用していますがプリント中に剥がれてしまう、ということが多くて使いにくい状況でした。
(最近解決した!)
そういう状況もあったので一度試しておこうかなと。

DMM.makeでは様々な素材に対応してます。
素材の種類はこちら。
http://make.dmm.com/material/

ゴールドやプラチナなんかの高価なものもありますね。
試した感じではナイロン(ポリアミド)が一番安そうです。

利用方法は簡単でした。

まずは3Dデータを用意します。
形式等はこちらで確認できます。
http://make.dmm.com/datarules/ 

blog_dmm01.png

3Dデータをアップロードします。
今回は弊社のキャラクターのBBマンの3Dデータを使用します。
アップロードすると自動的に解析されます。
「マイ3Dデータ」に追加されます。 

blog_dmm04.png

詳細画面こちらです。
ここで素材を選んで注文することができます。
今回の3Dモデルのサイズは
X:78.634mm
Y:120.576mm
Z:15.931mm
となってます。
この3Dモデル、サイズで利用可能な素材を選択できます。
一番安いのはナイロン(ポリアミド)の3,612円。
高いのはマルエージング鋼という素材で219,974円ですね。
サイズ的にだと思いますが、ゴールドやプラチナは選べませんでした。 

blog_dmm05.png
blog_dmm06.png

この3Dモデル、サイズで利用可能な素材を選択できます。
一番安いのはナイロン(ポリアミド)の3,612円。
高いのはマルエージング鋼という素材で219,974円ですね。
サイズ的にだと思いますが、ゴールドやプラチナは選べませんでした。
一番安いナイロン(ポリアミド)にします。
注文後、数日で届きました。 

IMG_20150128_184335.jpg
写真の左が今回DMM.makeでプリントしたもの(ナイロン(ポリアミド)、
右が弊社所有のMakerBot Replicator 2Xでプリントしたもの(ABS)です。
素材の違いもあると思いますが、DMM.makeでプリントしたもののほうが全然キレイです。
(写真分かりにくいですね。。)
Tatsuya Kido