Makery Blog

西麻布のクリエイティブラボ「Makery」でテクノロジーとアイデアをこねています。

360度動画をYoutubeにあっぷしてみた!

THEATA1.jpg少し前から360度カメラを使って撮影した素材を
YOUTUBEでアップ出来るようになりました。
そこで私も「RICOH THETA」を使って撮影した360度パノラマ動画を、
YOUTUBEにアップしてみました。

ちなみにChromeAndroidアプリでしか再生出来ないようです。
まずはカメラの簡単な紹介。
今回は「RICOH THETA」を持ってお出かけしてきました。

THEATA.jpg

第一印象。ちっっさ!
これならポケットにちょっと入れて持っていけるから
ちょっとしたお散歩にも持っていけますね。
さて早速、撮影してきた素材をアップしてみましょう!
築地

レッドブルーエアレース

おお!
見えるー!アップ出来てるー!

アップロードはとっても簡単でした。
YOUTUBEにアップロードするのに関しては
特別な作業はいっさいなし。
普通にYOUTUBEにアップロードするのと同じでした!

ですがその前に、360度動画を取り込むにあたり
専用のアプリをインストールする必要があります。
これがちょっとだけ面倒ですが、
一度インストールしてしまえば、その後は簡単!

<簡単な手順>
RICOH THETA」のサイトから専用アプリをインストール。
(※RICOH THETAの場合)

PCにTHETA本体を繋ぐとiPhotoが立ち上がります。
MOVデータを読み込み、専用アプリMP4に変換すれば...
あとは普通にYOUTUBEにアップするだけでした!
一般の人でも簡単にアップ出来る360度動画。
これから、広告でも取り入れていかれると思います。

私の感じたこれからの課題ですが、
一番大きな課題は
上の動画をご覧頂ければお分かりになるでしょうが...
動画の編集は今のところ、難しいみたいですね。
編集が出来れば表現はかなり広がると思います。
これからはドンドン編集出来るようになっていくと思います。

アノテーションボタンも試してみたのですが、
360度パノラマ動画にでも使えますが、
普通の動画でのつけ方と同じで動画の動きに連動するわけでは無いようです。
アノテーションボタンも連動するようになればもっと面白くなると思いました。

まだまだ未発達なコンテンツなので、
これからいろいろ実験をして、可能性をひろげていきたい思います!

Dir : Ikumi Shimosoyama