Makery Blog

西麻布のクリエイティブラボ「Makery」でテクノロジーとアイデアをこねています。

2018世界VR産業大会(中国南昌)出展

モーショングラフィックスチームの楊です。
ついに10月になりました。
来週の10月19日から21日を巡って、
中国の江西省を舞台に2018世界VR産業大会/VR/AR製品及び
アプリケーション博覧会に出展することになりました。
(行くメンバー:田村さん、木戸さん、楊)

世界VR産業大会の背景

科学技術の進歩が世界中の人々の生活に変化をもたらして
います。 AIやVR、ARといった新たな技術が様々なシーンで
実用化されてきています。産業動向にキャッチアップしたい、
実用化にもっと近づきたい、製品をもっと広めたい。
世界最先端のVR関連のプレイヤーの要望に応えるべく、
本大会は開催されます。

目的

VRの応用に関する知見・成果の交換
・優れたVR関連製品の紹介
・国際交流のプラットフォーム形成
・商品と市場のマッチング

本大会の参加者や規模

・政府関係者・パイオニア企業の経営層・R&D機構・投資家
・ユーザー・メディア他、様々な業界に属する1,000名以上
・来場者はおおよそ十万人
・同時に開催される博覧会には、VR製品やアプリケーショ
 ン開発などの企業約600社が出展予定。

コンセプト

ハイレベル
工信部が初めて地方政府と提携し開催。
マルチリソース
旅行、教育、医療、工業へのVRの応用を主題とする。
2020年に1兆円規模といわれている中国のVR市場を前
に、情報収集やビジネスマッチングが可能となっている。
VR分野のインダストリアルチェーンの構築
今回の大会では40000㎡のブースを用意し、ソフト、ハー
ド、デバイス問わずVR関連企業が出展する。本大会で
の交流が、産業構造の輪郭をより一層明確にすると考え
られる。
VR史上最大級
IT大国となりつつある中国で世界を知る、VR業界始まっ
て以来のビックイベント。

開催場所 江西省南昌市について
中華人民共和国中部、長江南岸に位置する内陸部の省。省都は南昌市。
北は湖北省安徽省、東は浙江省福建省、南は広東省、西は湖南省と接する。
おもな産業は自動車及び部品、太陽光発電、飛行機及び部品、
ソフトウェアやサービスの請負、バイオ医薬の5つである。
南昌市の2017年の人口は546.35万人。
江西省の2018年上半期のGDP成長率は昨年同期比約35%で、
重慶市の38.9%に迫る勢い。
上海から飛行機で1時間45分、鉄道で約5時間。
f:id:bbmedia:20181009184230j:plain

f:id:bbmedia:20181009184945j:plain


公式サイトはこちらです。
URL:http://www.wcvri.cn/(中国語)
URL:http://www.wcvri.cn/indexen(英語)

出展のメリット

●中国・世界メディアでの露出のチャンス。
●リーディングカンパニー、政府関連機関、成長分野の企業との接触機会。
●投資機関、投資家とのマッチング
●日本企業は【標準ブース】に限り無料


今回の出展を機に、中国での「IKEBANA VR」、「ARゲームSEEKAR」と
ビービーメディア(株)の認知拡大、コンテンツ販売を目指して、
頑張って行ってきます!