Makery Blog

西麻布のクリエイティブラボ「Makery」でテクノロジーとアイデアをこねています。

2017年 新人研修 エンジニアの部

テクノロジーデザイングループの金山です。

弊社では毎年1ヶ月間くらいかけて丁寧な新人研修を行っております。

エンジニアも自分の仕事内容を新人さんに説明する時間があるのですが、エンジニアはイマイチわかりづらい職種なので、わかりやすい説明をすることが難しいのです。

f:id:bbmedia:20170731160623j:plain
※エンジニアたち(左)と、困惑する新入社員(右)

特に、Webにあまり関わらないCM制作の新人さんは、実務が始まればWebのエンジニアに関わることがほとんどありませんから、単純にエンジニアの説明をされてもあまり役に立ちません。

でもせっかく研修をやるからには、エンジニアという仕事をできるだけ理解していただきたく、毎年異なった工夫をしています。

『エンジニアとはどういう人たちで、どういう仕事をしているのか』
わかりやすく新人さんたちに伝えるのが新人研修 エンジニアの部の目的です。

自腹による雰囲気作り

正直エンジニアの仕事について普通に説明しても非常にわかりづらいです。

そして、エンジニアというのは全員メガネをかけていてチェックのシャツを着ていてパッとしないルックスに定評のある人種なので、何の工夫もせずに研修に挑んでしまうと、とてもとても新人さんが気軽に質問できるような雰囲気にはなりません。

そこで、我々がまず着目したのは服装でした。

f:id:bbmedia:20170802191938j:plain

※左から『けものフレンズ』のサーバルちゃん、『スプラトゥーン』のアオリちゃんとホタルちゃん

講師であるエンジニアが3人とも親しみやすいキャラTを身に纏うのは当然の流れと言えます。

サーバルちゃんが「すっごーい!」って言ってくれるサイトを作りました

次に、新人さんのほうから気軽にコミュニケーションを取れる手段として、以下のWebアプリを作成いたしました。

f:id:bbmedia:20170731125158p:plain

※諸事情あってサイトを公開することができませんでしたので、スクリーンショットのみになります。

ボタンを押すとサーバルちゃんが喋ってくれます。

講師のエンジニアがパワポを展開して喋っている間、新人さんには、すごいと思ったら「すっごーい!」を、わからないと思ったら「わかんないや」を押していただきました。
賑やかし担当である私も押しまくりました。

おかげで、講師入室直後のクスクス笑いからの終始笑い声が絶えない時間を過ごすことができました。
積極的に「すっごーい!」してくれた新人のみなさん、サーバルちゃん、本当にありがとうございました。

 研修後に新人さんのひとりから感想を伺いました。

「まず部屋に入ってきた瞬間、爆笑しました。それまで研修で来た先輩たちはみんな普通だったんですけど、いきなりザ・秋葉原みたいなのが3人部屋に入ってきて、しかも自分が配属される部署の人だったのでめっちゃ笑いました。サーバルちゃんアプリはものすごく気に入ったしテンション上がりました」

f:id:bbmedia:20170731160527p:plain

2017年の新人研修 エンジニアの部にあった出来事は以上になります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。